03-5726-8122

東京都目黒区自由が丘3-10-6

ネット予約はこちら

目黒区自由が丘美容皮膚科 形成外科 皮膚科 日曜診療 フォトフェイシャル 脱毛 痩身 QスイッチYAGレーザー しみ しわ たるみ 松原スキンクリニック

ジュビダームビスタ® ボリューマについて

ネット予約はこちら

保護者同意書ダウンロード

松原医院

採用情報

 

Mobile Site

HOME»  ジュビダームビスタ® ボリューマについて
製品特性
ジュビダームビスタ® ボリューマ XCについて

自然な美しさを引き出し、“自分史上最高の自分”に出逢うために。
進化したヒアルロン酸「ジュビダームビスタ®ボリューマXC」の誕生です。
減少したボリュームの増大を使用目的とするヒアルロン酸としては国内初となる厚生労働省の製造販売承認を受けています。
新たに独自のVYCROSS®技術を採用。
これまでにない治療法をご提供いたします。

美容治療アラガン独自のVYCROSS®技術で実現した5つの特性

  1. 長期持続性
    治療効果が約2年間注)持続し、患者様の高い満足感を長期にわたり維持できることが期待できます。
  2. 成形性
    注入直後の優れた成形性により、思い描くラインの成形を実現しやすくなります。
  3. 低吸水性
    水分を吸収しにくいため、より注入時のイメージに沿った仕上がりが期待できます。
  4. ボリュームアップに適したリフト力
    弾性と凝集性のバランスにより、ボリュームアップに適したリフト力を維持します。
  5. 組織親和性
    お顔の組織になじみやすく、表情に合わせた自然な仕上がりが可能となります。

注)ジュビダームビスタ® ボリューマ XCを中顔面の3領域(外側上頬部領域、内側上頬部領域、頬部下領域)に注入した際の中顔面のボリューム減少スケール(MFVDS)が1点以上改善した患者様の割合は、12ヵ月時で85.2%、24ヵ月時で67.1%でした。顔面外観に対する全体満足度スコアがベースラインから改善した患者様の割合は12ヵ月時で82.1%、24ヵ月時で75.8%でした。[アラガン社社内資料(治験総括報告書)、製品添付文書]

独自の技術VYCROSS®シリーズ

ジュビダームビスタ®ボリューマXCは、アラガン社独自のVYCROSS®技術により製造されました。この先端技術では、高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合して架橋することで架橋効率が向上し、HYLACROSS™技術により製造されたヒアルロン酸注入材に比べて網目構造がより密になっています。
これにより、酵素分解されにくく、持続性の高いヒアルロン酸注入材が開発されました。さらに、密な網目構造のヒアルロン酸ネットワークにより水分を取り込みにくくなり、膨潤しにくい「低吸水性」を実現しました。

長期にわたる治療効果の持続

  • ジュビダームビスタ®ボリューマXCは24ヶ月の長期にわたりボリューム減少を改善しました。

  • 施術後24ヶ月時点でベースラインから満足度が改善した患者様は7割を超えていました。

  • 施術後の各時点において、患者様の多くがベースラインよりも自分自身が若く感じると回答しました。

[試験デザイン]
多施設共同・単盲検・無作為化・未処置対照・前向き臨床試験(米国)
[ 対  象 ]
外側上頬部領域、内側上頬部領域、頬部下領域または中顔面全体のMFVDS(中顔面のボリューム減少スケール)スコアが3~5のボリューム減少がみられた35~65歳の男女
導入例※330例、処置例235例、対照例47例
※3 各実施医療機関の最初の患者2例については無作為割付をせず、処置担当医師により処置を受ける導入症例とした
[ 方  法 ]
処置担当医師がジュビダームビスタ®ボリューマXCを中顔面の3領域(外側上頬部領域、内側上頬部領域、頬部下領域)に注入した。注入量(最大12mL)は処置担当医師が決定した。タッチアップ処置は初回処置後、約1ヵ月の間隔を空けて可能とした。未処置対照群は主要有効評価を行う6ヵ月時までは処置を受けず、その後処置を受けた。
[ 安 全 性 ]
265例※4中260例(98.1%)で初回処置後に処置部位反応が発現した。初回処置後、高頻度に発現した処置部位反応は、圧痛(92.1%)、腫脹(85.7%)硬化(82.3%)であった。初回処置/タッチアップ処置後、270例中92例(34.1%)で機器または注入に関連した有害事象※5が発現した。高頻度に発現した有害事象(初回処置/タッチアップ処置後)は処置部位腫瘤(20.0%)および処置部位硬結(14.4%)であった。再処置を受けた162例※6中146例(90.1%)で処置部位反応が発現した。再処置後の機器または注入に関連した有害事象は167例中14例(8.4%)で発現した。
※4 処置を受けた患者270例のうち、処置後30日間にわたり日誌に処置部位反応を記録した265例
※5 日誌に記録された処置部位反応のうち30日を超えて続いた反応、またはフォローアップ来院時に処置担当医師が報告したものを有害事象とした
※6 再処置を受けた患者167例のうち、処置後30日間にわたり日誌に処置部位反応を記録した162例

注入後の優れた成形性により思い描くラインの成形を実現しやすく

  • ジュビダームビスタ®ボリューマXCは、注入直後に高い成形性がみられ、その後は変形しにくい特性を有しています。

膨潤しにくい「低吸水性」の注入材でより注入時のイメージに沿った仕上がりへ

  • 密な網目構造のヒアルロン酸ネットワークにより水分を取り込みにくくなり、膨潤しにくい「低吸水性」を実現しました。

弾性と凝集性のバランスによりボリュームアップに適したリフト力を維持

  • ジュビダームビスタ®ボリューマXCはボリュームアップに適した弾性と凝集性を併せもつ注入材です。

お顔全体の組織へのなじみやすさが表情に合わせた自然な仕上がりを可能に

  • ジュビダームビスタ®ボリューマXCは組織と親和していることが確認されました。

ジュビダームビスタ®ボリューマ XCによる治療が可能なボリューム減少改善部位

Page Top